2010年05月19日

ストリートビュー、個人情報まで収集…メールも(読売新聞)

 【ニューヨーク=小谷野太郎】米グーグルは14日、インターネット上で街並みの画像を閲覧できるサービス「ストリートビュー」の情報を収集する車が、無線LANを経由して個人情報まで誤って収集していたと発表した。

 「ストリートビューのデータを集めた地域すべてに当てはまる」(広報担当者)といい、日本が含まれる可能性もある。

 パスワードなどで保護されていない無線LANを通じて、電子メールやアクセス履歴などが誤って集められたとみられる。グーグルは、すでにデータの抹消作業に着手したというが、グーグルに対するプライバシー侵害批判が再燃する可能性もある。

 グーグルによると、ストリートビューの情報収集車を使い、無線LANの基地局の位置情報などを集めていたという。

 今回の問題はドイツ当局の要請で社内調査を行った結果、発覚したという。収集した情報は利用していないという。

昨年のOTC市場、第一類医薬品で明暗(医療介護CBニュース)
特別な看病演出「居心地よかった」 娘点滴混入死で母(産経新聞)
老健開設準備の医療法人社団に破産手続き開始―東京地裁(医療介護CBニュース)
71歳夫婦留守の間、1200万円金庫盗難(読売新聞)
交際女性に点滴し堕胎 容疑の医師を逮捕 警視庁(産経新聞)
posted by カメヤマ ケンゾウ at 17:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。