2010年04月21日

公約修正を提案=「政治主導」に疑問−21世紀臨調(時事通信)

 「新しい日本をつくる国民会議(21世紀臨調)」は16日、政権選択時代の政治改革課題に関する提言を公表した。同日午後、鳩山由紀夫首相にも手渡す。提言は、衆院選の民主党マニフェスト(政権公約)に関し「政権を掌握して初めて明らかになる事実もある。想定外の難題も発生する」と指摘。夏の参院選に向けて「見直しが必要であれば修正すべきだ」と提案した。
 同時に「政権発足と同時に総点検に着手し、結果を踏まえて実現すべき公約を再確定し、首相自身で国民に説明すべきだった」と、公約点検作業の遅れに苦言を呈した。
 鳩山政権については「首相の指導力が国民から疑問視され始めているのは看過できない」と強調。「政治家が発言し、議論していることをもって『政治主導』とみなす雰囲気がある。政務三役が何でも抱えようとする姿は、『政治主導』とは似て非なる『政治家主導』だ」と批判している。 

テレ朝「お願い!ランキング」で規格違う商品販売(産経新聞)
移設先「サイパン、テニアン検討を」社民(読売新聞)
堺の男児虐待死、母親の交際相手の男を傷害容疑で逮捕(産経新聞)
橋下知事「大阪市長を政治的に徹底的に攻撃する」(産経新聞)
中国での消化器領域のラインナップ強化へライセンス契約―エーザイ(医療介護CBニュース)
posted by カメヤマ ケンゾウ at 10:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月20日

首相が普天間問題「5月決着」を改めて表明(産経新聞)

 鳩山由紀夫首相は20日朝、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾(ぎのわん)市)移設問題の「5月決着」ができないときの自身の進退について「5月末までに決着させると申し上げているわけだから、その決意を持ってやるのみだ」と述べ、改めて解決への決意を表明した。

 また、移設先の政府案の発表時期については「まだ全く決めていない」と述べるにとどめた。首相公邸前で記者団に語った。

【関連記事】
鳩山政権 末期症状 5月退陣説も
小沢幹事長「中でごたごたは駄目」 党内の結束呼び掛け
民主の外交安全保障政策「評価できる点はあまりない」 愛媛「正論」懇話会
徳之島の町長「首相に会う必要ない」「怒らせた」「あきれる」
徳之島の移設反対集会「一つの民意だ」 鳩山首相
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

特養のユニット型居室面積基準引き下げへ―厚労相方針(医療介護CBニュース)
インフル、B型など季節性の割合が増加(医療介護CBニュース)
知的障害児施設で虐待など441件 大阪市が改善指導(産経新聞)
サクラの季節なのに… 練馬や箱根で積雪(産経新聞)
<JR脱線事故>9割「報告書に不信」…遺族らにアンケート(毎日新聞)
posted by カメヤマ ケンゾウ at 10:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。